←BACK    NEXT→


放射線治療品質管理室 1

放射線治療品質管理士の実践現場を紹介する。 安全な放射線治療を提供します。
”安全管理体制”が発足!


oribe305 oribe305



施設で使用する線量計は、標準センターで校正したものを用いる。使用する個々の線量計には校正定数が与えられる。
これは重要で年一度行わなくてはならない。

[/popup]
放射線治療装置の品質管理に関する声明

               2007年3月12日

   日本放射線治療品質管理機構

1、放射線治療の効果への理解とニーズの高まりに伴って、最先端の放射線治療装置が、放射線治療専門の医師が常駐していない全国各地の病院に導入される事例が散見されるようになっている。

2、最新鋭の放射線治療装置は、達成可能な線量分布や位置決め上の進歩派ありますが、投与線量や照射手順などにおいて、従来の放射線治療装置に比べて品質管理上の安全性が増しているということは、ありません。

3、一部で「新しい放射線治療装置だと品質管理が簡単になる」という誤解があるかもしれませんが、それは「強度変調放射線治療(先進医療)のような膨大な品質管理業務を必要とする治療の品質管理の、ごく一部が簡略され得る」という意味であり、実際には従来の放射線治療に比べて品質管理すべき事項は大幅に増えている。(注a,b,c)

4、従って「放射線治療における医療事故防止のための安全管理体制の確立に向けて(提言)に示す如く、新たに放射線治療を開始する施設にあっては、放射線腫瘍学専門医師、放射線治療専門技師はもちろん、当機構で認定した放射線治療品質管理士を「品質管理を専らとする者」として任用する事を強く推奨する。

注a、むしろ、1)小照射野の正確な占領測定、2)ソフトへのデータ入力、3)ソフトへのバージョンアップ、?治療装置へのデーター転送などにおける人為的過誤のリスクは増し、品質管理項目も増している。

注b、例えば、脳や体幹部の定位放射線治療で多中心性の病変を治療する場合には、手計算による線量の確認は時に困難で、従来の放射線治療より時間をかけた症例毎の品質管理が重要である。
注c、また、強度変調放射線治療の場合には、手計算による線量の確認は不可能であり、個々の症例毎の物理的な品質管理が必須である。


LINK:

放射線治療品質管理機構

RPC: http://rpc.mdanderson.org/rpc/

EQUAL: http://www.oegmp.at/

RTOG: http://www.rtog.org/

ATC: http://atc.wustl.edu/

EORTC: http://www.eortc.org/research-groups/radiation-oncology-group

AAPM http://www.aapm.org/

ASTRO http://www.aapm.org/announcements/MedPhysResAward.asp

          現状の医療周辺下の危機

2004年国内で

1、放射線治療事故防止のための”安全管理体制”が発足。

2、放射線治療照射の増加と共に、高精度治療機器の導入が浸透。

3、放射線治療担当技師の超労働危機条件下では、安全な治療管理が保証できない。今、国民全体が放射線治療専門技師の実像を知るべきでしょう。現在の日本の放射線治療業務内容はこんなに多い。

○海外(アメリカの放射線治療スタッフ構成のシステムが大きく異なる。

○日本の放射線治療技師は a放射線物理士 b放射線治療計画士 c放射線測定士 d線量計算士 e品質管理士 f工作技士 など

また事務(受付及びデータ入力)や患者看護も行う状態である。

○日本の射線治療専門技師は一人でこれだけの種類の業務を日常

行っている。 アメリカではそれぞれの専門士がスタッフとして放射線腫瘍医や看護師と協力して安全な放射線治療を行っている。これはひとえに優れた放射線治療専門技師が日本国内に多く存在していたことの実証でもある。一方、これによって健康を損なう技師が増加している。

放射線治療の医療周辺下の危機はココにあります。

現在の放射線治療技師は相変わらず超過労働となっている。

○これを回避し、放射線治療技師の健康を守らねばならない。今必要なことは、早急に放射線治療品質管理士を任用することである。
これが安全管理体制の実践を日常化することが必須である。

○放射線治療品質管理士の認定者は、安全な医療(放射線治療)の実践者になること、自らの啓蒙的行動が期待される。

○私は、1998年ワシントン大学とスタンフォード大学腫瘍学講座を訪問し、放射線治療に携わる専門家編成の実態に感動した。

○国内の中央的高度放射線治療施設に所属している放射線治療品質管理士は、絵空的認定制度に甘んじているのではなく自ら「病院管理者」に申し立て、今必要とされている専門的ポストに自信を持ってとりかからなくてはならない。今、医療安全体制のためには時間の猶予がない。

        放射線治療品質管理士実践者:池俣武生

新しい治療計画装置にリニアックのデータを入力し、ビームモデリングを放射線治療品質管理士・医学物理士が行う。
20107月15日

新しい治療計画装置にリニアックのデータを入力し、ビームモデリングを放射線治療品質管理士・医学物理士が行う。
20107月15日

[/popup]

   治療計画された線量分布図
外部放射線治療を開始する場合、上図のように1cm毎の画像上に、腫瘍部を十分に放射線線量が集中し且つ周辺の器官や臓器には線量が可能な限り与えられないように計画が作成される。この線量分布図で示した条件で線量を投与する前に、治療計画計算値と実測値との検証を行うのが放射線治療品質管理士の業務の一つでもある。


治療計画装置に入力する装置のデータは 三次元水ファントムを用いて測定する

放射線治療品質管理支援

上の画像をクリックすると、大きく表示されます。



放射線治療品質管理を実践するに、標準的QCプログラム作成に必要なテキストを参考にすることをお勧めする。
学会推奨のものが良い。

シャロー形線量計を用いて電子線の線量測定
with water Phantom

外部放射線治療における吸収線量の標準測定法01   高エネルギーX線の吸収線量測定
M=MrawKtpKpolKsKelec

更新したVarianリニアック iX 2010.3月8日
治療照射開始

第一回放射線治療品質管理委員会
2008年11月6日
出席者 放射線治療品質管理士含め10名

治療勉強会のテキスト J,A,Purdy教授のテキスト

放射線治療照射室周辺や通路には、患者さんに元気を与え,自然治癒力を高める癒されるアート作品の設置が必要.一宮市三岸節子美術館の作品(レプリカ)を設置している試みの照射室風景

 放射線外部照射装置(リニアック)導入と共に水ファントムを用いた線量測定を実施する。測定データをテーブル化すると同時に治療計画装置(RTP)にデータ入力する。その入力データは施設の治療担当者または放射線治療品質管理士が入力データで計算したMU値を線量計を用いて検証する。

放射線治療を受けられる患者さんの待合室では、このように液晶モニターに映し出された三岸作品を見る事が出来ます。本物の作品は近くの三岸節子美術館で観賞できます。

このような展開を「美術館のアウトリーチ」と言います。可能であれば本物の「三岸節子作品」を展示して行きたい。  武生

放射線治療チームのコーヒータイム(歓迎会)

2010年10月現在 非常勤放射線腫瘍医師2名