←BACK    NEXT→ 最新というのは、新しい治療装置の導入に際して、対照とするリニアック装置をいう。 この最新の高精度治療装置を稼動させるためには、常勤の放射線腫瘍医・放射線治療専門放射線技師・医学物理士・放射線治療品質管理士そして放射線治療専門看護師の専門家による「チーム構成」が必須である。これを、最初に編成しなければいけない。 特に、現在の高精度治療装置の受け入れに際しては、医療機関が「認定専門家のポスト」の設置を実現化させ安全管理体制を持つ必要性がある。これを明確にしなければ、従来と同様となり、諸外国と同等な安全な放射線治療を国民に提供できない。 優先すべき事柄は、常勤の放射線腫瘍医の確保であり、認定専門家のポストの設置である。
   医療機関のビジョンの正しい放射線治療の誘導は 現場を知る「有資格指導者の資質」に委ねられている 2015年4月1日現在 放射線外部照射装置を取り扱った装置名 1.200kvX線表在性治療装置×1 2.コバルト60固定型装置×1 3.コバルト60回転型装置×2 4.ベータトロン×2 5.リニアック装置×10 6.TomoTherapy(リニアック)装置×1         池俣武生
Elekta Synergy Novalis Mitsubishi Toshiba PRIMUS CYBER KNIFE 2 TOMO THERAPY SIEMENS ガンマナイフ
最新の治療装置 Varian CLINAC iX http://www.varian.com/  
Varian CLINAC iX リニアック装置によるRapidArc
Still/River http://www.stillriversystems.com/
最先端科学でがんと闘う 茂松理事長が語る、放射線治療のメリット
がんの放射線治療体験者による経験談 ご存知ですか?がんの放射線治療
LAP http://www.lap-laser.com/indexja.html
信頼性の高いリニアック装置の一つ 呼吸同期照射の安定した呼吸波形
  リニアック治療室周辺のデザイン案内 http://www.ae-design.com/ 放射線治療の革新的なプラットフォーム。 そして、将来への確かな基盤。 Clinac iX は、広範囲の画像習得と多彩な治療オプションを統合し、ダイナミックモーションマネジメントも含むハイパフォーマンスで信頼性の高いプラットフォームです。
放射線照射室の実況