←BACK    NEXT→
がん対策基本法 1
がん等の悪性腫瘍を

放射線治療治します

他の治療法との併用も行われます。

切らずに治す治療!


1966年に制定された、がん制圧記念切手デザイは、コバルトー60回転型の治療装置

がん相談ホットライン
専門医によるがん無料相談(電話、面接)
03-5218-7070

あなたと一緒に考えますhttp://www.jcancer.jp/advisement/hotline/

   愛知県がんセンター編集出版
日本国民が安心して医療を受けるために知っておきたい治療の手引き。

おすすめのがん看護指針とマニュアル

ホスピス研究会OKAZAKIが模擬患者として取り組んだ体験的案内         愛知県がんセンター

がん対策基本法:
2007年4月1日「がん対策基本法」が施行される

がん対策の意思決定プロセスの抜本的改革

新たに何を実現するか

年度予算が極端に少ない。先進国の数十分の1

政府は国民の健康を守る義務がある

今までのがん対策をどう変えるのか?

がん予防 早期発見 

新たながん戦略:放射線治療の専門家を充実させる。

(現場の医療者の声を聞こうとしない)

専門家養成の予算投入

国家的がん戦略

日本は15-20年遅れている・・・・・

なぜ、そうなったかを問い正したい!水谷的視点

日本の放射線腫瘍認定医500人、米の10分の1

この「がん対策基本法」の対策推進本部がない

安心して「放射線治療」を受けられる場の紹介

日本のどこでも高度の治療を受けられる体制

放射線治療が有効であるにも関わらず日本25%

米65% 独60%

2006年のがん死者は32万5885人発症者60万人

患者数は300万人

○がん戦略   1966年の切手と2007年の切手

がんが国民の疾病による死亡率を示す

がん対策の基本理念を定め、がん対策を総合的且つ

計画的に推進することを目的とする。

    項目を抜粋すると、これらが目にとまる。

これからどのような展開になるか、と言うよりも「医療現場」では一早く採択できる範囲で「安心できる医療実践」のため

取り組みを実施して行く。


腫瘍の種類によって、放射線治療方法が選択される。体の中央部で腫瘍近傍に、重要な器官や 臓器が存在する際に施行される術中照射法の図を示す。手術室で腫瘍部を切除後、取り残しが無いよう、腫瘍部に限局した周辺部に直接放射線照射を行う照射法。