←BACK    NEXT→
トピックス Topics
大きく変化する 放射線治療 のトピックスを追い続けます。



oribe305 oribe305 oribe305
oribe305 oribe305

からだにやさしい「がん治療」の実現に向けて。
ー生活の質に優れた陽子線治療ー
名古屋陽子線治療センター

がんに対するいくつかの治療法の中で、手術療法と同様に局所療法である放射線治療においては、「いかにしてがん組織の高線量を集中させるか」が、がん制御の鍵となります。
コバルト60治療装置に始まり、6-10MVのX線いよるリニアック治療装置と進化してきた放射線治療装置の開発も、この目的を果たすために日夜努力してきた結果ですが、この系列の最後に来るのが荷電粒子線(陽子線・重粒子線)治療装置です。

日本においては既に1983年から陽子線が、1994年から重粒子線が用いられ始めましたが、従来の治療装置と比較して格段に高価なために、残念ながら現在でもその普及が緩徐となっています。
治療開始予定は2013年3月を目標としています。

 

oribe305 oribe305 oribe305
oribe305 oribe305 oribe305
oribe305
日立、名古屋市「クオリティライフ21城北
の陽子線がん治療施設建設に着工
陽子線がん治療施設

名古屋市の陽子線がん治療施設の着工について

 株式会社日立製作所(執行役会長兼執行役社長:川村隆/以下、日立)は、本日、愛知県名古屋市(市長:河村たかし/以下、名古屋市)が保健・医療・福祉の総合的エリアとして整備を進めている「クオリティライフ21城北(愛知県名古屋市北区)」に建設される陽子線がん治療施設に着工します。日立は、2008年12月に、名古屋市から、陽子線がん治療施設整備事業を約240億円で受注しており、2031年3月までの期間にわたって、施設の設計・建設から、運転・保守・維持管理業務等を行ないます。本施設は、2012年度に治療を開始する予定です。

 陽子線がん治療は、放射線によるがん治療法のひとつであり、水素の原子核である陽子を加速器で高速に加速した陽子線をがん細胞に集中して照射することでがんを治療するものです。治療に伴う痛みがほとんどなく、身体の機能と形態を損なわないため、治療と社会生活の両立が可能であり、生活の質(QOL:Quality Of Life)を維持しつつ、がんを治療できる最先端の治療法として注目されています。

日経新聞より




粒子線(陽子線・炭素線)治療とは

公開討論会 名古屋に陽子線治療装置が必要か!
2009年10月24日




2007年に「がん対策基本法」が制定される。5年毎に見直すこととされていて4月からの重点的課題は「働く世代と小児へのがん対策の充実」が盛り込まれる。前計画では、がん拠点病院の整備または放射線治療と化学療法(抗がん剤治療)の充実と人材育成が提示される。この中で放射線治療は外科手術と同等の治療効果が得られることを内科医師、外科医師が患者さんにがんの治療の選択肢として説明するが盛り込まれたことであろう。この法案の注目すべき放射線治療装置をデザインし切手として記録する。 池俣武生

IMRT専用治療装置(TOMO THERAPY)が一宮市立市民病院 2010年3月23日から治療開始 中日新聞2010 3月17日朝刊
当分の間は、腫瘍部位は前立腺を主とし、徐々に頭頚部などの腫瘍も対象にする予定。
現在、リニアック装置も更新されたため、他の領域の高精度を目的とした放射線治療が可能。



2009年12月10日 
読売新聞

陽子線がん治療施設公開討論会の開催について

「陽子線がん治療施設整備事業」については、平成20年12月に契約を締結し、平成24年度治療開始を目指して、事業を進めてきましたが、一時凍結することになりました。10月24日(土)に「陽子線がん治療施設は名古屋に必要か」をテーマに「公開討論会」を開催し、放射線治療の専門家等や市民の皆様のご意見を聴いた上で、11月末までに決める予定です。

私は、この公開討論会に一般市民の一人として、また、放射線治療専門の技術者として出席した。会場を出ると、取材陣にインタビューを受けた。:まず最初の質問は、この施設の建設に賛成か反対かという質問だった。私は、賛成か反対かではなく、この討論会が放射線治療の有効性を多くの方々に知っていただくのにとてもよい企画であると答えた。放射線治療は、外科手術と同じ有効性がある治療法であることが、日本では、知られていない。がん治療においてアメリカ、イギリス、ドイツでは、患者さんの約70パーセントが放射線治療を受けているが、日本では20~25パーセントに過ぎない。専門家のパネラーの方(がんセンター総長)も放射線治療の有効性を解っていなかったのには驚いた。放射線治療の有効性を広く知ってもらうための広報がとても重要であると取材陣に語った。

http://www.oribe305.com/http://oribe305.com/youkoso/

私は、自分のホームページで放射線治療の有効性および放射線治療の案内を進めている。今回のクォリティーライフ21城北をNetで検索すると、最初に私のホームページが開くとお伝えする。

がん治療のため、名古屋市が同市北区に建設する最先端の粒子線治療施設について、松原武久市長は22日、陽子線治療の装置を設置する方針と2010年度の開設を目指す考え方を明らかにした。市は、健康・医療・福祉の拠点「クオリテイライフ21城北」を北区平手町に整備し、その中に、粒子線治療施設を設ける意向を示していた。

「粒子線治療」:放射線治療の一種。エックス線に比べ、がん病巣へ集中して照射できるため周囲の正常組織への影響が少ない。体の一部を切除するなどの苦痛が少なく、通院で治せるのが特徴。胃がん、大腸がん、白血病などを除く、多くのがん治療に有効とされる。国内では茨城、静岡、兵庫県など6ヶ所しかない。

「がん治療の最先端施設」:名古屋市北区に設置についての記事は2006年6月16日(金)中日新聞(日刊)に掲載される。内容は、痛みの少ない粒子線治療施設を北区に建設せる。

同年7月に、検討委員会を設置し、20010年度までに「クオリテイライフ21城北」のエリア内に治療施設を完成させる。同時に専門部会を設け、人材の確保や地域医療との連携など技術的な課題を検討すると掲載された。

「陽子線治療を採用」は6月23日(土)中日新聞 夕刊から

クオリティライフ21城北の関連ニュース

 現場の状況:クオリティライフ21城北の敷地内で行われている埋蔵文化財調査で日本最古の舟形木棺が発掘されました。この辺りは平手町遺跡と呼ばれ、弥生時代、古墳時代、前五区時代の遺構、遺物が発見されています。

 陽子線がん治療施設に関する概要説明会が3月25日(水)に開催される。陽子線がん治療施設は日立製作所が担当することになっています。今後、6月に工事計画についての説明会が開催される予定です。
広報QL21 Vol,04 より


日本放射線腫瘍学会
第19回秋季大会が仙台市で開催

東北大学放射線治療室:
訪問日:2006年 11月 23日

リニアック装置は5台と理想的な設置。
装置はVarian社製最新リニアック装置。
今学会のテーマは:放射線治療の標準化と社会への貢献であった。東北大学を訪問して感じたのは

「標準的放射線治療の実践の場と感じた」

2006年に私が放射線治療施設を訪問した場所を記す:名古屋大学付属病院・愛知県がんセンター中央病院&愛知病院・木沢病院・名古屋市立大学病院・岐阜大学病院・金沢大学病院・九州大学病院・東北大学病院を訪れ稼動中の放射線治療装置・リニアック装置とトモセラピー装置を視察する。
ゆえに「武生の眼」は、リアルな眼で放射線治療を21世紀の放射線治療を見ていると言える。


1 2 3

1 脳外科医小林達也先生の”がん治療は外科手術でいいのか?」必見の書籍です。

”切らなくてもがんを放射線で治す達人”こそ外科医の小林達也先生である。

2,3 愛知県がん対策推進計画ーあいちのがん対策アクションプラン
平成20年3月:ココでは「がん拠点病院」である「一宮市立市民病院の放射線治療部を紹介する。拠点病院として周辺整備を2006年4月から進めている第一線の施設。