←BACK    NEXT→

 

Patient Positioning AND IMMOBILIZATION

 

放射線治療における照射技術

放射線外部照射について、最大の目標は、腫瘍部に線量を集中させることにある。同時に近傍の健常組織・臓器には、最小の線量に抑える照射技術のポイントを展開する。
この技術ノートはテキストではない。
原体打抜き照射法の実際:武生


高精度放射線治療の精密性と迅速性を伴ったLAPレーザーシステム
http://www.lap-laser.com/jp/

http://www.lap-laser.com/jp/

高精度放射線治療の精密性と迅速性を伴ったLAPレーザーシステムhttp://www.lap-laser.com/indexja.html

高精度放射線治療の精密性と迅速性を伴ったLAPレーザーシステム
http://www.lap-laser.com/jp/

 

高精度放射線治療の精密性と迅速性を伴ったLAPレーザーシステム
http://www.lap-laser.com/indexja.html

放射線外部照射は20から30回の照射が行われる。頭頸部領域は動き易いため上部のような固定用マスクを個々に作成する。また照射範囲の印はこのマスク上に描き込むため、患者さんの皮膚マークがない。

患者さんの照射位置設定は必ず放射線治療専門技師2名1組で行うのが原則。

コンピューター制御によって、がんを叩く「原体照射法」を稼動するには、放射線外部照射装置(リニアック)に専用の可変式多段コリメータ機構を装備しないと出来ない。1980年では、日本で2ケ所。重要なことは、がん部位近くの臓器の保護が必要となる。図はその防護部位を3次元的に打ち抜く装置を取り付けて照射する位置設定の実況。

高精度放射線治療の精密性と迅速性を伴ったLAPレーザーシステム
http://www.lap-laser.com/jp/

高精度放射線治療の精密性と迅速性を伴ったLAPレーザーシステム
http://www.lap-laser.com/jp/

高精度放射線治療の精密性と迅速性を伴ったLAPレーザーシステム
http://www.lap-laser.com/jp/

患者固定具のテキスト

 

頭頸部専用固定具

実際の放射線治療の中で用いられる固定具

 

2010 3月8日バリアンリニアックを更新、新しく患者固定
システムを採択する。


治療照射前に透視下で解剖学的基本点(位置)に照準させて、毎日の治療照射位置のアイソセンターに移動して治療を行う高精度を目的とした照射方法。
この定位的照射法を日常的に行っていた:第一腰椎上縁を定位点とする。

1960年の原体照射法の最初の論文はProimos.

 すべてアナログ的であるけれども、外部照射の基本的原則と精紳が盛り込まれた報告書である。

放射線治療を毎回正確に照射するためには、図のように固定シェルを作成していく。
二名以上の治療担当技師によって作成することにで、体にフィットした固定具が出来上がる。

Body Fix の使用説明を受けている風景


当施設で開発した放射線治療固定システム

当施設で開発した放射線治療固定システム

高精度放射線治療の精密性と迅速性を伴ったLAPレーザーシステム
http://www.lap-laser.com/jp/