←BACK    NEXT→

自画像礼賛 Self portrait 5

1980年代の私のスポーツ。

いつも勤務が終わった後に

職場の近くで描いた。



私は、ジャンバーを集中して描いた時代があった。


私は、ジャンバーを集中して描いた時代があった。

自画像の中で、自分という他人を見つけたかった。
そして表情を崩すことに集中する。
週1回職場の近くの空き家で神経を集中させる
トレーニング、暗くなってから疲れを癒すスポーツ
の一つとして絵筆をとっていた時代。作品展は
しない。「描く」ことをスポーツとしていた。
最近まで、この作品の存在を記憶していなかった。
今、この20点の自画像を「燃やし自分という他人」
から離脱するパフォーマンスを考えている。
  2005年


最初の銅版画