←BACK    NEXT→

CONFOMATION
RADIOTHERAPY
GENERATION 1966-2009

原体照射法 4

原体照射法は、1960年代に臨床適用される。当然すべての制御はアナログであった。2000年代ではすべてがコンピュータ制御され、どの治療装置にも装備される。それは、ソフトの開発が大きく寄与する。私は、この40年間の「原体照射の発展」に携わって来たので、その発展的プロセスを記録して行く。これは、現在の「高精度放射線治療」の原点である、と言う表現は過言ではない   

水谷武雄


高橋信次教授の開発した廻転横断撮影装置:220度廻転(東芝社製
現在のCT装置は、この装置が基礎となっている。原体照射が採用された1966年から個別的治療計画が可能となる。