日本電気社製リニアック第一号機のコントロール室
愛知県ガンセンター放射線治療部
1967年

稼動18年のリニアック装置 原体照射の開発
画像をノック

愛知県がんセンター 原体照射棟

旧放射線治療棟の最後の記念風景

新規導入のリニアック装置設置の風景

がんセンター病院 疫学部予防課のみなさんから
がんの予防情報をキャッチする (2009年12月4日)

原体照射法は、1960年代に臨床適用される。当然すべての制御はアナログであった。2000年代ではすべてがコンピュータ制御され、どの治療装置にも装備される。それは、ソフトの開発が大きく寄与する
私は、この40年間の「原体照射の発展」に携わって来たので、その発展的プロセスを記録して行く。
これは、現在の「高精度放射線治療」の原点である、と言う表現は過言ではない   

                       池俣武生

←BACK    NEXT→
CONFOMATION RADIOTHERAPY GENERATION 1966-2009
原体照射法 3