←BACK      NEXT→


Artを病院に下さい 3


3項目のページを選択して観て下さい

安心して

放射線治療が受けられる「がん拠点病院」

がん治療の専門家が常勤する・一宮市立市民病院


千葉 花の美術館に訪れ、「花の美術館のアウトリーチを病院に下さい」のコミニケーションをとる

愛知県医師会交響楽団 第二十六回 定期演奏会 
愛知県芸術劇場コンサートホール 2008年3月20日

モーツアルト、ベートーベンなど
指揮:井上京 多忙な医療業務の中での練習成果が拝聴でき、大きな感動を受ける。演奏会のアウトリーチをぜひ病院に。
名古屋大学保健学科 小幡康範教授(放射線腫瘍医師)のコントラバスに大拍手が際立った。

クリスマスコンサート市民病院二階ロビー
2009年12月17日

愛知県医師会交響楽団 第二十七回 定期演奏会 
愛知県芸術劇場コンサートホール 2009年2月11日

病院にアートをお届けするプロジェクト 庄司達作品一宮市立市民病院 放射線治療室 [赤い布による空間-遠くの空へ] 2010 3月10日

病院アートコーディネータ 池俣武生

放射線治療コントロール室の風景にアート作品

病院に頂きたい書によるアート作品
(Noriko Maeda in New York)

秋田クラブホーム「サラ」のオープニング

秋田クラブホーム「サラ」のオープニング
大岩オスカール幸男 設計作品
2003年4月

特集 いのちの現場で生まれるアート・デザイン
現代GP取り組み

やさしい美術プロジェクト  小牧市民病院での活動記録
病院と大学のコラボレーション 名古屋造形大学

三階手術室入り口前廊下 ロールスクリーンにプリント
 長江綾香 2004制作

治療を受けられた患者さんが絵手紙を指導。
同じ治療中の皆さんの作品が展示される。
放医研 重粒子線治療センターにて

放射線治療を受けられる患者さんの待合室では、このように液晶モニターに映し出された三岸作品を見る事が出来ます。本物の作品は近くの美術館にあります。

秋田の高齢者ホームで芸術大学生が行っている表現活動。上は、入所者のみなさんに手作りマフラーをプレゼントしていた。

2008年3月1日

名古屋市の街路樹に圧倒的に多い、白と赤の
アメリカハナミズキ

ベッド上で聞き入っている患者さんの姿も見られる。

愛知県ガンセンターで定期的に行われる金城学院大学ハンドベルコンサート

秋田の高齢者ホームで芸術大学生が行っている表現活動。上は、入所者のみなさんに手作りマフラーをプレゼントしていた。   2008年3月1日

毎年市民病院で行われるクリスマスロビーコンサート


病院内でクリスマスコンサートを行い、入院(車椅子)などを含む多くの患者さんに喜んでいただきました。(2008年12月18日 市民病院)

同病院の産科医師や看護師さんと二名のヴァイオリンニストの演奏

ふれあいコンサート
田中省三:名古屋音楽大学学部長(演奏とお話)
演奏 若松桂子・国藤真理子・千田明美
一宮市民病院  2009年12月10日

会場の95パーセントjは、車椅子などの入院患者さんでこのコンサートに聴き入り、懐かしい曲ばかりの演奏だったので、笑顔いっぱいでとても喜んでいただけました。看護師さんは、車椅子の患者さんの傍で一緒に聴き入っていた。

聖路加病院における綾小路有則さんの作品が展示される 2008年および2009年11月

名古屋市の街路樹に圧倒的に多い、白と赤の
アメリカハナミズキ

アートで人生に輝きを
折元立身 参加型アートプロジェクト


愛知県ガンセンターのj検査室前廊下に掲げられている写真パネル。これらは、ボランティアチームが設定したものであり、病院の希望にかなった作品ではなかった。キャプションだけが武生の眼に入ってしまう。

癒し系のアート「魂が打ち震える感動を!」
スピリチュアル・アートの作家 綾小路有則

あいちアートの森 那古野町の旧水谷眼科医院の会場で堀川プロジェクトのひとつとして、現代アート作品が展示される。 2010.01.24

あいちアートの森 那古野町の旧水谷眼科医院の会場で堀川プロジェクトのひとつとして、現代アート作品が展示される。
染谷亜里可作品  2010.01.24


あいちアートの森 那古野町の旧水谷眼科医院の会場で堀川プロジェクトのひとつとして、現代アート作品が展示される。
庄司達作品  2010.01.24

あいちアートの森 那古野町の旧水谷眼科医院の会場で堀川プロジェクトのひとつとして、現代アート作品が展示される。
有馬かおる作品  2010.01.24

あいちアートの森 那古野町の旧水谷眼科医院の会場で堀川プロジェクトのひとつとして、現代アート作品が展示される。 2010.01.24

あいちアートの森 那古野町の旧水谷眼科医院の会場で堀川プロジェクトのひとつとして、現代アート作品が展示される。
廣田緑作品  2010.01.24

   

愛知県小児センターのCT装置とその部屋周辺を二名の作家(小川淳・久米亮子)が絵を描く
これは、医療行政のアートに対する予算計上によって達成された。